宅配ボックスを考えてみよう!

こんな宅配ボックスも

オープン型宅配ボックス

宅配ボックスが設置されている場所といったら、やはりマンションやアパートの玄関、というのが一般的です。ですが最近は、駅や商店街、ショッピングセンターなどに設置される「オープン型宅配ボックス」というのも増えてきています。
事業者は宅配業者、その関連会社、宅配ボックスのメーカーなどさまざまですが、利用料金はかかりません。
それに、24時間使えるところがほとんどですので、近くにある場合は利用してみてはいかがでしょうか。

利用方法は、通販サイトや宅配業者によって違ってきますが、基本的には以下となります。
商品購入時に「オープン型宅配ボックスで受け取り」を指定する場合。
再配達依頼時に「オープン型宅配ボックスで受け取り」を指定する場合。
また、受け取りだけでなく荷物の発送が可能な場合もあるようです。

なお、通常の宅配ボックス同様、冷凍・冷蔵品、着払いなどは受け取れませんのでご注意を。

簡易宅配ボックス

個人用の宅配ボックスです。
家庭用であれば大型ボックス、一人暮らし用であれば折り畳み式など、色々な種類があります。

利用する際は、設置型のボックスと違い荷物を入れずに持ち帰ってしまう業者もいるので、「この中に入れてほしい」という連絡をしておいた方がよさそうです。
集合住宅の場合、廊下は共用スペースなので、出しっぱなしにも注意が必要です。

また、個人用のボックスは、鍵は付いていても防犯機能が付いていないものが多いので、注意が必要です。
なにより、ボックスが設置してあることにより不在(外出中)だということが分かるので、防犯面からも良くないのではとも言われます。

どの宅配ボックスにしても便利な反面、多少のトラブルはあります。
デメリットには十分注意して、安全に利用したいものです。