宅配ボックスを考えてみよう!

宅配ボックスのメリットって?注意点もしっかり知っておこう!

宅配ボックスとはどういうもの?

帰宅したらメールボックスに不在票が入っていた! 当日配達は既に時間外。かといって明日も受け取り可能時間に帰宅なんて無理! …なんてこと、ありませんか? そんな時は「ああ、宅配ボックスがあったらなあ」と思いますよね。 ここでは、宅配ボックスの良い面を見ていきます。

宅配ボックスのメリットは?

宅配ボックスは受取人不在時に荷物の受取りを代行する設備です。一般的にロッカー型が多いため、宅配ロッカーとも呼ばれます。近年ではマンションなどの共用設備として導入されることが一般的になりつつあります。
更に、これまで設置されていなかったアパートやマンションに新しく設置されるだけでなく、一般住宅にも広がりつつあります。
なぜこれほど普及したかといえば、やはり、インターネットなどによる通信販売が増えたことが理由の一つでしょう。それにより宅配便の再配達が増え、これもまた問題視されています。
とはいえ、予定されているならともかく、不意の荷物には対応できない人もいるでしょう。不可抗力とはいえ、再配達をお願いするのは気が引ける、という人も多いでしょう。

さまざまな問題を解決するべく考案されたのが宅配ボックスです。
宅配ボックスは1980年代に誕生したといわれています。
初期のボックスは「機械式」。それぞれのボックス(ロッカー)にダイヤルやボタンが付いているものです。
その後できたのが「コンピューター式」。液晶画面の案内に従って操作するものです。加えて、最近では、マンション内で管理する「自主管理方式」や、宅配ボックスを運営する会社が管理をする「オンライン管理方式」というものもあります。
さらに、荷物の受け渡しにとどまらないサービスが受けられる宅配ボックスも開発されているとか。

そんな宅配ボックスの、メリットだけでなくデメリットなども考えてみたいと思います。

宅配ボックスの注意点

「子供がいたずらで大型の宅配ボックスに入り、閉じ込められた」「個人がロッカー代わりに長期で利用」など、とんでもないトラブル話もある宅配ボックス。 そんなとんでもない話はともかく、荷物の受取りの点で注意した方が良いことはあるのでしょうか。 どんなデメリットがあるか、見てみましょう。

こんな宅配ボックスも

今の集合住宅では設置は出来そうにない。一戸建てだから設置は考えてしまう。 費用的なことも考えると、個人ではどうにもできないこともありますよね。 職場に転送?(持ち帰りが大変!) コンビニで受け取り?(近ければいいけど) 他の方法はないでしょうか? 新しいタイプの宅配ボックスも見てみましょう。